電験3種過去問で、過去の出題内容や出題傾向を調べておく事は、電験3種スピード合格の為に大切な受験対策の一つです。

ですから、電験合格には、電験3種過去問を考慮して勉強をする事が、スピード合格の近道です。

 

電験3種の合格率について

平成24年度は、全4科目の合格率は5.9%となっています。

科目合格率は、29.8%。

即ち、電験3種を合格するためには、4科目を一度で全てを合格する必要がなく、1科目毎に合格すれば良いのです。

 

過去の電験3種の合格基準
平成24年度の場合
理論科目 55.00点以上
電力科目 55.00点以上
機械科目 50.56点以上
法規科目 51.35点以上
でした。

通年、電験3種の合格基準はこの程度です。

 

電験3種過去問の問題数
平成24年度での問題数
理論  18問(内選択4問)
電力  17問(内選択3問)
機械  18問(内選択4問)
法規  13問(内選択3問)


電験3種受験者数
平成24年度は49,452 人でした。

 

電験3種の試験科目の内容
●理論・・電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測
●電力・・発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む。)の設計及び運用並びに電気材料
●機械・・電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理
●法規・・電気法規(保安に関するものに限る。)及び電気施設管理
科目合格制度があり、科目合格が翌々年まで免除されます。