電験3種スピード合格術 (電験3種短期合格の為の計算問題マスターセット)

第3種電気主任技術者試験に独学で最速で合格するための「計算問題マスターセット」を使った、閑田浩二さんの電験3種合格テクニックが電験3種スピード合格術です。

 

電験3種短期合格は、計算問題をマスターする事が、スピード合格の近道でしょう。

今年こそ電験3種に合格したいと思っているあなたへ・・・・

第3種電気主任技術者検定試験いわゆる、電験3種は、一人前の電気技術者への登竜門です。
また電気工事士の方にとっては、次のステップに進む為に、どうしても取得したい資格だと思います。

 

ところが、何年かけても取得出来ずに諦めてしまう方や、出題範囲が余りにも広いので挑戦もしないという方もおられます。大変勿体ないと思います。

 

電験3種の意義

特高受変電設備の監視室 大学構内、役所、各施設などで、この様な監視室があり、電気主任技術者が管理運用しています。一定規模の電気設備の管理運用は、
電気主任技術者でなければならないと法律で定められていますので、
その仕事に従事する為には相応の「電験」に合格しなければなりません。
これが、本来の『電験3種』の試験の意義です。

 

ところが、第3種電気主任技術者の資格を取得すると、給料に上乗せの「資格手当て」が貰える会社もあります。例えば、電気と関係のない企業でも、私の知っている会社では、8千円程度が多いのですが、多い処で電験3種は1万2千円もありました、毎月手当てが付く為、この意義は見逃せないと思います。
(私の知人 ・・・ 電験3種の仕事してないんですよ・・・と笑っていましたが。)

 

電気と関係の無い会社でも、多くの大中規模の会社では資格制度がありますので、『電験3種』を持っているだけで給料アップにつながるというメリットがあります。勿論、手当てなんかないよ・・という会社もありますが・・・・。

 

当然と思うのですが、電験三種の資格が必要な仕事に従事する場合、殆どが資格手当が毎月上乗せされますので、仕事の幅を広げる意義としても、難関と言われていますが是非とも電験3種合格にチャレンジしてほしいと思います。

 

Separated

 

 
電験3種合格への近道を、無駄な努力や時間の浪費を最小限におさえて、電験3種短期合格へ一気に、合格まで駆け抜ける、電験3種スピード合格術。

 

電験三種は何故難しいの?

電験III種が難しくしている事で、まず挙げられる点は

  • 出題範囲が広いという事。
  • 理解していなければ、正解できない。

の2点が大きいと思います。

 

電験3種の資格を早く取得したい人にとって、一般の書籍や問題集を順次勉強していては、時間がかかってしまいます。

 

電験3種スピード合格には

どんな試験でも同じだと思いますが、電験3種にも、出題傾向・頻度がありますので、重点学習が大切です。

 

そして、その時々の時代の話題も注意しなければなりません。2011年なら「福島原発」に絡むの問題、例えば原子力や火力発電、ソーラーや風力発電、蓄電器などある程度、計算できる必要があるのでは?と思います。
(私の時では、環境問題が話題になていた年で、機械と法規の問題で、火力発電の重油量と電力量、排出炭酸ガスの量・・・など、途中の計算式には化学も含まれ、一瞬ドキッとしました。)